借りない | 風俗求人を見て脱サラを考える

借りない

逆転の発想を使えば、お金の問題は解決するわけだ。
脱サラして起業して風俗店を経営する・・・ここまでは決定事項だとして、何を経営するかで変わる。
飲み屋の場合は場所代が経営を圧迫することになる、これは性風俗でも同じ。
しかし、少し知識をつけてしまえば、様々な問題が一挙に解決することに気づいた。
気づいたというか、知った。

場所代が掛からないように経営すればいいんじゃねということ。
つまりは無店舗型の風俗店であるデリヘルを経営すれば、場所にお金を取られてマイナス生活ではなくなるわけだ。
届けでを出して許可さえ得られれば、必要なのは女の子とドライバー。
これだけあれば店として活動出来るのだから素晴らしい。

一昔前だとデリの評判はすこぶる悪く、表に出れない子が仕方なく働いているという印象だった。
しかし、ここ数年でイメージはガラリと変わって、デリだからこそ可愛い子と出会えるという印象まである。
これは、顔出しNGな女の子でも気軽に求人に応募しやすいというのが一番大きな理由だろう。

時代は無店舗型風俗、ネットで気軽に呼べて、賃貸料もかからないとなればこの路線で行くしかない。
あとは俺が脱サラして実際に動き出すだけだ、準備は出来た、あとは動くだけ・・・。
これが難しいのだ。